FC2ブログ

Latest Entries

立石流の謎。

立石流を指されて困ったから、書いておきます。

初手からの指し手
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △6二銀
▲4八玉 △5四歩 ▲3八玉 △4二玉 ▲2八玉 △3二玉
▲3八銀(第1図)

立石流1

立石流を先手番とします。
僕は後手で穴熊も急戦も指します。だから、両方の変化を書いてみます。
まずは穴熊の場合。

第1図からの指し手①
△5三銀(A図)
▲6五歩 △8五歩 ▲7五歩 △8八角成 ▲同銀 △4二銀
▲1六歩 △1四歩 ▲7八金 △2二玉 ▲6六飛 △4四歩
▲7六飛 △8四飛 ▲7七桂 △3二金 ▲7九銀 △4三銀
▲6八銀 △3三桂 ▲6七銀 △4五歩 ▲5六歩 △4四銀
▲5八銀 △3五歩(第2図)

立石流2立石流3

A図のところでは、△8五歩▲7七角△3三角という組み方もあるでしょう。この△8五歩は、別の意味で後述します。
途中、先手から変化できる箇所もあるかもしれませんけれども、これは互いに理想形を目指した手順なのだと思ってもらいたいです。後手陣は一段金なのがポイントで、これが7筋へのそなえになっています。先手が仕掛けてくれば、玉頭で反攻できます。
第2図は互角だと思われますけれど、後手が勝ちやすそうです。というか、僕が先手なら、どうにかして玉頭の圧力をかわしたいと思います。

このように、後手が穴熊を志向していた場合、問題はありません。良い玉形(穴熊ではないにせよ)が得られていて不満もないでしょう。

つぎに急戦志向の場合です。

第1図からの指し手②
△5二金右(B図)
▲6五歩 △8五歩 ▲7五歩(第3図)

立石流4立石流5

B図の△5二金右は、急戦にするなら自然な指し手だと思います。しかし、金が動いたから前述の陣形を作れなくなっています。よって、ここから後手は立石流を阻止しにいきます。
第3図が分岐点です。

第3図からの指し手①
△8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲7八金 △8二飛 ▲8七歩
△5三銀 ▲2二角成 △同玉 ▲8八銀 △3三角(第4図)

立石流6立石流7


まずは、△8六歩の歩交換から。先手が▲7八金~▲8七歩とおとなしく受けてくれれば、△3三角で立石流を阻止できます。また、ほかには△4二銀~△5三角(C図)という打ち方もあります。
いずれにせよ、角が打てれば良いですけど……

第3図からの指し手②
△8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲2二角成 △同銀 ▲8八銀
△8二飛 ▲8七歩(D図)
△5三銀 ▲6六飛(第5図)

立石流8立石流9


歩交換のタイミングで角を換える手があります。このタイミングだと△同銀に限定できるという意味もあります。そして……
先手は▲7八金を保留する手があると思います。先手から角を換えることで、8筋を銀で受けるのです。
D図で△4二角(△5三角)は▲7八飛で無効ですし、△3三角(△4四角)も▲7八飛~▲7九金~▲7六飛という手順で、先手は立石流に組めます。
△5三銀は▲7八金なら△3三角という意味ですが、▲6六飛と浮いてしまう手があると思います。△4四角には▲6八飛で、これはどうなんでしょう。それは次の変化で書きます。
ちなみに、D図で△3三銀という手もあります。▲7八金に△4二角と打つ狙いですが、こちらも▲6六飛の時が問題です。

第3図からの指し手③
△5三銀 ▲2二角成 △同玉 ▲8八銀 △3二銀 ▲6六飛(E図)
△3三角 ▲6八飛 △8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲8七歩
△6六飛(G図)
▲7七角 △6八飛成 ▲同金 △7七角成 ▲同銀(第6図)

立石流10立石流11
立石流12立石流13

今度は、後手は歩を交換しないでおきます。先手は▲7八金と指すと立石流に組めないから、角を換えるくらいです。すると後手も深く囲えます。
ちなみに、E図の代わりに、△4二銀~△同玉~△3三銀(F図)もあります。金が浮き駒だけれど、こびんを閉めることができたという意味です。
さて。先程から頻出の▲6六飛です。今回、後手は仕掛けてみます。これまで(第5図やD図、F図)の形でもこの仕掛けはありましたが、玉の固さを考えると、この形が一番好条件になります。
第6図は難解です。ただし、先手としては第4図やC図よりはましかと思います。

第1図からの指し手③
△8五歩(結果図)

立石流14
立石流15立石流16


というわけで、最初に少し触れましたが、後手が急戦を志向するなら、第1図では△8五歩が最善ということになりそうです。少なくとも、無難ではあります。
結果図から▲6五歩なら、△5三銀から第2図を目指せば良いです。また、▲7七角△5二金右▲7八銀△7四歩(H図)と進めば、立石流はありません。最後、△7四歩で△4二銀だと▲6五歩がありますが、それも△5三銀右▲7五歩△7七角成▲同銀△4四角(I図)で大丈夫だと思います。▲7八金を保留しても、7七銀型では▲7八飛が利きません。

手損角交換をせず。

いったん将棋熱が冷めていました。もう熱は戻ってきたのですが、やはりブランクがあると言わざるを得ませんね。
以前は練習中だった横歩も、けっきょくその時は物にならず、今となってはまるで指せません。

勘をもう一度掴むべく指している将棋の中から、それでも出来の良いものを選んでいますが、序盤、中盤、終盤の隙も仕方なく増し増しでお送りしています。



タイトルにした角交換は、この将棋の序盤の岐路でした。独特な将棋にはなったかな、と思います。

この自戦記の作成という作業は、ひとり感想戦の延長線上でやっているものです。読みを見つめなおす意味もかねて、細々とした変化にまで言及していきましたが、読みにくかったかもしれませんね。
……これが少しでも身になってくれるといいんですけど。

Appendix

プロフィール

admiremain

Author:admiremain
将棋倶楽部24で二段の居飛車党。
二〇一三年に中断期間があり(半年以上)、ただいまブランク明け。
勘を取り戻すために、対局数を多くこなそうと奮闘中。
以前にも増して、序盤、中盤、終盤、隙だらけの棋風。

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード